スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しい選択

悲しいことですが、中国にいたころ、妊娠初期の、まだ妊娠したかどうか気づいていなかったころに風邪薬を大量に飲んだということで、せっかく授かった赤ちゃんをおろしてしまった人が周りに何人かいました。日本人の私が知っている中国人はそんなに多くないはずなのですが・・・。

中国では風邪を引くとまず薬を飲むのですが(日本でも普通そうですが)、私のいた地域では、薬局がそれぞれの「風邪薬スペシャルブレンド」を調合してくれていました。中には10種類近い薬をブレンドしてくれるところもあり、知り合いの日本人の先生の中には、一日三回その10種類を一度に飲むようにいわれて素直に飲み、薬の効果かハイになってしまい、身の危険を感じた人もいたほど。一般的に、薬の効果も日本のより強かったような気がします。また、風邪をひいて病院にいくと、すぐ点滴をしてくれるので、病院で点滴をしてもらうと言う人もいました。本当はあまり体によくないのだそうですが、点滴をするとほんと、ふしぎ、すぐ楽になります。

そんな風邪の治療が普通だったので、風邪薬の飲みすぎで、赤ちゃんに障害ができてしまうことはよくあるのかもしれません。特に一人っ子政策の中国では、できるだけ優秀な赤ちゃんを産むための(そして自分たちの老後を支えてもらうために)両親、そしてじいじ、ばあばの努力と意気込みは相当なものなので、少しでも不安があったらおろしてしまうでしょう。でも、だからこそ一人っ子の国・中国のプレママ、プレパパたちは、赤ちゃんを作るタイミングは、熟考していて、気をつけているはず。ベビ待ちの女性が、風邪引いたくらいでほんとうに風邪薬を大量に飲むのでしょうか??

女性の社会進出は日本と比べられないくらい進んでいたけれど、女の人が主婦をしていたら食べていけない(子どもをいい学校にやれない)のが現実の街でした。「お子さんは女の子、男の子?」と聞くと、女の子のママから、「女の子だけど、かわいいですよ。」と返事が返ってきたりしました。風邪薬のせいで泣く泣く赤ちゃんをおろした人たちが次に授かった赤ちゃんはみんな男の子。ほんとうに風邪薬のせいだったのかもしれないけれど、そうでなかったら、ほんとうに悲しいことだなと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Xingzi

Author:Xingzi
20世紀末から21世紀初めまで、中国吉林省の延辺朝鮮族自治州の州都・延吉で、日本語教師をしていました。その時の体験記のブログです。
(ブログ内容の無断転載はお断りしています。)

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
私の旅行記です!

最近のトラックバック
月別アーカイブ
最近のコメント
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。