スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

即興カラオケ? 

中国の人達は歌が結構好きだと思います。タクシーやバスの運転手さんはよく音楽をかけているし、道を歩いていると鼻歌を歌いながら通りすぎていく人達に出会い、公園へ行けば大声で発声練習をしている人達に出会えます。

そしてそんな中国人の中でも延辺の人達はそれに輪をかけた歌好き。宴会の場でも、ピクニックでも、ほろ酔い気分になってくると、歌でも歌うか、という感じでみんな順番に歌い始めます。そしてさらに盛り上がってくるとみんな踊り始めます。ゆっくりした曲なら社交ダンスに、ダンスミュージックならディスコ風に、そして朝鮮民族音楽調なら朝鮮族風に踊り始めます。もし延辺でレストランに行くと、突然隣の団体が歌い出すかもしれません。また、天気のいいひは公園で踊り歌っている人達がいるかもしれません。でも実は日本もそうですよね。花見や忘年会などにその名残が残っているような…

そんなわけで延辺で宴会に行くと、即興カラオケが始まり、歌の順番が回ってきます。歌詞がないと歌えないよーなんて言っても逃げられません。特に学生のパーティーに呼ばれた時は必ず歌わされます。おかげで私も歌のレパートリーが増えました。やっぱり受けがいいのは演歌調の曲です。それからキロロの曲はメロディーもきれいで歌いやすいのと、中国人がカバーしているのでよく歌いました。そして、歌えないよ-といっているとよくリクエストがくるのが、
「さくら」
「北国の春」
「四季の歌」
「一休さん」
「スラムダンクの主題歌」

でした。
「さくら」は中国人はみんな知っています。
よくテレビドラマの日本人の出てくるシーンで使われるからでしょう。たま~に歌える人もいます。なんとなく複雑な気分になりますが、歌ってあげると非常に喜ばれます。一方四季の歌は中国語バージョンがよく知られているみたい。北国の春は、中国人がこよなく愛する日本の歌のひとつで、中国でもよくカラオケで歌われています。
そして…一休さんとスラムダンク…これは中国ではやったアニメだからだと思いますが…時々この2つの歌は日本語で歌える学生がいたりしました。

特に一休さんの「母上様…お元気ですか…」というラストの歌は、私の大学の日本語科の学生の多くが歌えました…ゆっくりした曲だからでしょうか。一休さんは結構延辺では有名で、イラストとともに「聡明の一休」なんて書かれたニセモノ一休さんグッズもよく見かけました。
たまたま一休さんは子供のころ好きだったので歌えたのですが、スラムダンクの主題歌って…?

とにかく延辺に行く予定のある方、即興で歌える日本の歌をいくつか用意しておくことをお勧めします。「ぞうさん」や「チューリップ」で逃げる手もありですが。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Xingzi

Author:Xingzi
20世紀末から21世紀初めまで、中国吉林省の延辺朝鮮族自治州の州都・延吉で、日本語教師をしていました。その時の体験記のブログです。
(ブログ内容の無断転載はお断りしています。)

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
私の旅行記です!

最近のトラックバック
月別アーカイブ
最近のコメント
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。