スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飲茶


延辺の人、特に朝鮮族はあんまりお茶を飲む習慣はないのですが、香港や台湾を中心に中国の大部分ではお茶を飲む習慣があります。今日は香港の飲茶の習慣について少し。

香港人の主人とイギリスに住んでいる私ですが、彼ら、イギリスにすんでいても飲茶の習慣を捨てることはできません。なにかあると、「じゃあ、飲茶しようよ!」となるので、誕生日、久しぶりの再会、何かのお礼、などなど、ちょっとしたことで飲茶になります。きっと食事するよりも飲茶の方が気軽で簡単な感じなんだろうと思います。そんなわけでイギリスにいるのに月に数度は飲茶している私です。

飲茶って、もともとお茶を飲むことだったのですが、今ではその時食べていたつまみがどんどん発達して、ちょっとした食事になってしまったものだというのは有名な話だと思います。お茶を飲みながら蒸し餃子とかシュウマイのような蒸し物や揚げ物、エッグタルトのような甘いものといった点心を食べ、チャーハンや麺で最後に食事して終わりといった感じです。


点心ですが、日本ではエッグタルトやシュウマイ、マンゴープリンといったものが人気なのではないかと思います。エッグタルト(蛋達という)は彼の大好物でよく食べますが、マンゴープリンは香港人が食べているのを見たことないです。ナンでかなあ。食べているのは日本人ばかり。私もまだ食べたことありません。お茶に合わないからかもしれないなと思います。

また、点心には甘いものがたくさんあって、日本人から見るとデザートのような感じがしますが、香港ではこれも他のシュウマイのような点心と「一緒に」たべます。日本人の私は最初「ええーつ!?」と思いましたが、考えてみればもともとは点心って茶菓子。順番はないのかも。お茶と一緒にタクアンをつまんで、次はヨウカン、漬物、お饅頭、といった感覚なのかもしれないなと思います。

主人の大好物はエッグタルト。主人は一番に頼みます。でも日本人と飲茶に行って一番にエッグタルトを頼んでも、誰も食べてくれません。「えー、やっぱり最後でしょう?これは? 最初に食べるなんてゆるせない」
 
ということで、誰にも手をつけてもらえないエッグタルトは私と主人のものとなるのでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Xingzi

Author:Xingzi
20世紀末から21世紀初めまで、中国吉林省の延辺朝鮮族自治州の州都・延吉で、日本語教師をしていました。その時の体験記のブログです。
(ブログ内容の無断転載はお断りしています。)

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
私の旅行記です!

最近のトラックバック
月別アーカイブ
最近のコメント
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。