スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国人とお酒

中国での仕事で大変だったことの一つは、「飲み」です。中国のお酒と言えば「老酒」とか「紹興酒」とか呼ばれる茶色いお酒を思い出すかもしれませんが、中国で広く飲まれているのは「白酒」という38度以上のお酒。ただ、南の中国ではあまりお酒を飲む習慣がないようなのですし、同じ中国でも田舎に行くほど、そして北に行くほどお酒の重要性が増していくように思います。そう…中国の東北地方の辺境に位置していた延辺では言うまでもありません。週に一度は飲んでいました…

モンゴル、ロシア、朝鮮半島、こちらはバリバリのお酒文化があるので、その民族の流れが濃い北方中国人がよくお酒を飲むんじゃないかなっておもいます。

というわけで、そんな延辺に住んでいた私のお酒についてのエピソードを書いてみたいと思います。

〈基本的なお酒の飲み方〉
注:中国は広いので地方によっても違いがあると思います


中国での宴会では、お酒を飲むときたいてい「乾杯」をしあいながら飲みます。日本のように一人でちびちび飲む、というようなことは許されません。

宴会でお酒が飲みたいな、と思うと、「他のみんなにそれじゃあ飲みましょうか」、というような感じでみんなを誘って飲むか、話の流れに沿って…たとえばその時来年の授業について話していたならば「それじゃ、来年の授業がうまく行くように乾杯しましょうか!」といった感じで乾杯し合いながらお酒を飲みます。

乾杯といっても日本のような乾杯ではありません。「乾」杯というのだから杯を乾かすくらい、つまり全部のみ干さなければいけません。始めて38度の「白酒」をおちょこで一気した時はのどがやけどしそうな感じがしました。

中国式の乾杯はたいてい一緒のテーブルの人が順番に音頭をとってするので、テーブルにいる人の分だけ乾杯をしなくてはなりません。学生50人のパーティーに呼ばれた時は、みんな順番に乾杯をしに来るので大変でした。ビールだったのでまだよかったのですが…

同じ中国でも南の方は、女性はジュースの乾杯でも許されるのだそうです。でも…延辺では「ここは中国ですよ、男女平等!」とのことでした。

さらに、同じ中国人でも朝鮮族は漢族よりもよく飲むのだとか。ハルピンの中国人によると、ハルピン人は朝鮮族よりずっとお酒につよいのだそうです。中国の東北の田舎の朝鮮族の街にいた私は2年間でずいぶん鍛えられました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Xingzi

Author:Xingzi
20世紀末から21世紀初めまで、中国吉林省の延辺朝鮮族自治州の州都・延吉で、日本語教師をしていました。その時の体験記のブログです。
(ブログ内容の無断転載はお断りしています。)

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
私の旅行記です!

最近のトラックバック
月別アーカイブ
最近のコメント
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。