スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝鮮語と中国語

私の住んでいた延辺は「朝鮮族自治州」と言うこともあって、街の看板はすべて「朝鮮語と中国語の併記」が義務付けられていました。駅や飛行場のアナウンスも中・朝両方でアナウンスがあります。住民の半数足らずが朝鮮族ということもあり、街に行けば中国語に混じって朝鮮語が聞こえてくるし、テレビでも朝鮮語のニュースがあったり韓国のドラマを字幕なしで放送していたりとここは本当に中国? という感じがします。

また、延辺の学校には朝鮮族のための朝鮮語で授業の行われる学校と、漢族のための中国語の学校の2種類があります。朝鮮語で授業の行われる学校では、漢語(中国語)のクラス以外ほとんど朝鮮語で授業が行われるそうです。小学校から漢語の授業があるので、彼等は小学生から二つの言葉を勉強します。漢族の学校には朝鮮語の学校がないので、そうかんがえると漢族の学校の方が学生にとっては楽かもしれません。

中国では中学校になると、外国語としてもう一つの言語を勉強しなくてはなりません。漢族の学校では英語を教えますが、朝鮮族の多くの学校では日本語と英語の2種類があり、どちらかを選択することになります。 

なぜ朝鮮族の学校には日本語があるのかというと、当時英語の教師が不足していたのに比べ、日本の植民地時代の日本語教育のせいで延辺には日本語の話せる人が結構いたため、英語の先生を要請するよりも日本語教師を養成するほうが簡単だったためとか、日本語は朝鮮語と文法体系が似ているため、朝鮮族にとって学びやすかったためだと聞きました。

この延辺の日本語教育についてはまた後でゆっくり書いていきたいと思います。

さて、延辺にはこんな風に小学校から高校まで朝鮮語系の学校、漢語の学校と2種類の学校があるのですが、「朝鮮族が漢語の学校に通う」とか、「漢族が朝鮮語の学校に通う」こともあるそうです。そうすればバイリンガルになるという理由で…。

実際漢族で朝鮮語の学校に通っている学生はバイリンガルになるようです。また、「朝鮮語のできる漢族」は、「漢語の上手な朝鮮族よりも」北京やチンタオあたりでいい仕事が見つかるのだそうです。

一方朝鮮族で漢語の学校に通っている学生は、もちろん漢語がぺらぺらになります。(朝鮮語の学校に通うと漢語を使う機会がないので、漢語がうまく話せない学生も多いのです)ただ、逆に朝鮮語を話す機会がなくて朝鮮語が話せなくなってしまう子供が多いのだそうです。漢族の場合、朝鮮語の分かる漢族はあまりいないので、漢族と話すときは漢語、朝鮮族とは朝鮮語、と使い分けなくてはならないのですが、朝鮮族のほとんどは漢語が理解できるので、漢語で話せば通じてしまうため、わざわざ朝鮮語を使う機会がないのです。そのため家族にはなしかける時も漢語を使ってしまい「朝鮮語は聞けば分かるけど、話すのはうまくできない」ということが多いのだそうです。

それでも朝鮮族にとって漢語ができるのは有利なことかもしれません。ここは中国、「国語」の中国語ができなければ、いい仕事にも就けないのです。

余談ですが、こんな言葉の問題について考える時、大学時代のマレーシア人のクラスメートのことを思い出します。マレーシアは主にマレー系、インド系、中国系の三つの民族からなる国です。中国系の彼女は子供の時、中国系の学校か、マレー系の学校かを選ぶ機会があったのですが、彼女はマレー系の学校を選びました。なぜなら、中国系の学校は宿題が多いから。マレー語の勉強に加えて毎日漢字を覚えなくてはならないので宿題が多いのです。マレー系の学校に行ったため、彼女は中国語は話せるけれど書けないとのことでした。だから家への連絡はいつも電話だと話していました。当時はその話を聞いても今一つぴんと来なかったのですが、延辺で実際に二言語社会を目の当たりにした今はよく分かります。少しだけ知識が増えたような気がする私です。(大げさ??)
スポンサーサイト

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

プロフィール

Xingzi

Author:Xingzi
20世紀末から21世紀初めまで、中国吉林省の延辺朝鮮族自治州の州都・延吉で、日本語教師をしていました。その時の体験記のブログです。
(ブログ内容の無断転載はお断りしています。)

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
私の旅行記です!

最近のトラックバック
月別アーカイブ
最近のコメント
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。